Skip to main content
loading
Hero Section Image

Microsoft イベントで目標をさらに進める

開発者、IT プロフェッショナル、パートナー、教育者、ビジネス プロフェッショナルなど、お客様の成長を念頭に置いて特別に作成された Microsoft イベントがたくさんあります。専門知識の拡大、新しいスキルの習得、コミュニティの構築に役立つ特別なイベントや学習機会が揃っています。

Azure

X

Azure

フィルターの適用:

1 ~ 16 / 54 の結果

URL をクリップボードにコピー

C# と Blazor で始める Single Page Application (SPA)

日付と時間

12/12/2022 | 02:00 - 03:00 (GMT)

Event format デジタル

Event type トレーニング

<セミナー概要>C#で構築できるウェブアプリ環境としてBlazorと言うものがあります。Web Assemblyを使用して、C#でSPA (Single Page Application)を構築できる環境です。 本ウェビナーでは、始めてBlazorに触れる方を対象に、Blazorとは何かという所から、その仕組み、ロギングとエラー処理までを解説いたします。  <セッションコンテンツ>・Blazor の概要 ・クライアントサイド ・サーバーサイド ・ログ出力 ・エラー処理  <ご留意事項>※スライド資料は、イベント終了後の自動配信メールに添付させていただきます。(受講された方のみにお送りいたします)※ウェビナー受講後はアンケート入力にご協力をお願いいたします。※ウェビナー受講後のQ&Aは、下記事務局にて受け付けております。ウェビナー外の内容、業務相談、技術に関する詳細説明のご要望等にはお答えできかねますので、予めご了承ください。 <お問い合せ先>Microsoft AI & Innovation Center 事務局https://www.microsoft.com/ja-jp/maic/contact.aspx 株式会社エッジプラスProgram Engineer岡本 貴浩MAIC@microsoft.comMicrosoft AI & Innovation Center主催セミナー・ウェビナーは、日本マイクロソフトからの業務委託により株式会社エッジプラスが運営しております。株式会社エッジプラス:http://edgeplus.co.jp/ (info@edgeplus.co.jp)

ビッグデータにおけるデータマネジメントの課題とMicrosoft Azureによる解決策

日付と時間

12/12/2022 | 03:00 - 04:00 (GMT)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要企業内に散在する大量の情報資産をどうやって有効活用するのか。データマネジメントを行う上で、ビッグデータをどのように収集、蓄積するのか、また、どうやってデータ分析をするのかなど、データプラットフォームのアーキテクチャをどのよう設計し構築するのかは、データマネジメントを成功させる為の重要な課題となります。本ウェビナーでは Azure Synapse Analytics、 Microsoft Purview、 Power BI による構築例を交えて、データプラットフォーム導入における課題と課題解決に向けたポイントをご紹介いたします。 ■ スピーカー株式会社システムエグゼAzureDBソリューション部 部長小澤 隆弘 <共催パートナー企業への個人情報提供について>株式会社システムエグゼより情報提供を希望し、本件にお申し込みを頂いた場合、 お客様の登録情報を当該企業に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報をお知らせすることです。個人情報の取り扱いにつきましては、株式会社システムエグゼのプライバシーポリシーに準拠します。https://www.system-exe.co.jp/privacy/

パーソルグループが提供する仕事を可視化する VDI と最新クラウド VDI 情報

日付と時間

12/12/2022 | 06:00 - 07:00 (GMT)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要リモートワーク環境としての利用をはじめとしたクラウドVDI の採用/検討にあたっての背景や要件についてのご紹介、クラウド VDI の最新情報、Azure Virtual Desktop の概要およびアップデート情報をお届けします。VDI 導入・運用時の課題や仕事可視化に関する弊社ソリューションについてもご紹介します。 ■ アジェンダ1. 登壇者会社紹介2. クラウド VDI 導入にあたっての背景・業務要件・課題3. Azure Virtual Desktop 概要4. 関連ソリューションのご紹介■ スピーカーパーソルプロセス&テクノロジー株式会社システムソリューション事業部DXソリューション統括部DXプラットフォーム部マネジャー 反町 悠希<共催パートナー企業への個人情報提供について>後日開催のハンズオンへのご参加または資料送付・詳細説明をご希望の場合は、当登録欄にご記載いただいた情報を共催パートナーであるパーソルプロセス & テクノロジー株式会社に第三者提供させていただきますので、右側申込フォーム下のパートナーへの個人情報提供に希望にチェックをしてください。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報をお知らせすることです。個人情報の取り扱いにつきましては、パーソルプロセス & テクノロジー株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.persol-pt.co.jp/privacy/

国内初事例の BIPROGY が語る「Azure VMware Solution を活用したオンプレシステムのクラウドへの移行ポイント」

日付と時間

12/12/2022 | 07:30 - 08:30 (GMT)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ アジェンダお客様の VMware 環境がメインのオンプレミス環境をクラウドに移行する際のポイントを、AVS 国内初事例から様々なお客様に AVS を適用させていただいた BIPROGY が解説します。 - Azure VMware Solution 概要・オンプレミス環境のクラウドへの適用検討のキホン( AVS と Azure サービス、3rd ベンダソリューションの使い分け)- オンプレミス VMware 環境からの移行の注意点と対策- 上記以外(物理サーバー、ロードバランサー等)の移行の注意点と対策- Azure VMware Solution 運用の実態 オンプレミス VMware 環境の難易度の高い運用管理から解放され、VMware のみならず Azure のメリットも十分に享受できる Azure VMware Solution の導入検討におけるご参考にしていただければ幸いです。 ■ スピーカーBIPROGY サポートサービス本部クラウドサービス部 基盤技術室和田 範雄 <共催パートナー企業への個人情報提供について>お客さまの登録情報は共催であるBIPROGY株式会社に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報のお知らせです。個人情報の取り扱いにつきましては、BIPROGY株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.biprogy.com/com/privacy/

【2022年12月版】 SQL Server の達人になる!第2回 Azure SQL Database 概要 編

日付と時間

12/13/2022 | 03:00 - 04:00 (GMT)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要Azure で利用可能な SQL Database は日々進化しており、現在、Azure で利用可能な SQL Server ベースの PaaS のサービスは複数の利用形態があります。 本 Webinar では、最新のアップデート情報を交え、Azure SQL Database の利用形態と最新情報を整理しながら解説いたします。 ■ スピーカーMicrosoft MVP for Data Platform 小澤 真之

失敗しないクラウド移行をわかりやすく解説! Azure Migration セミナー

日付と時間

12/13/2022 | 06:00 - 07:00 (GMT)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要DX を推進するための基盤として、いまやクラウドの活用は避けては通れない時代になっています。しかし、オンプレミスをメインで運用してきた企業にとって、クラウドへの移行は課題が多いのも現実です。クラウド移行の際に、どのようなセキュリティ対策が必要なのか、社内でクラウドの知識を持つ人材をどのように育成したらよいかなど、検討事項が山積みで移行が思うように進まないという悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。このセミナーでは、クラウドへの移行先として Microsoft Azure を検討中の方を対象に、クラウド移行に失敗しないためのポイントを「移行編」、「運用編」に分けてわかりやすく解説します。 ■アジェンダ1.<移行編>【 30 分でわかる】 事例から学ぶ 失敗しない Azure 導入とは?(ダイジェスト版) Azure 導入で失敗しないためのフレームワークを解説するとともに、JBS が Azure 移行を支援した事例の中から、実際の移行スケジュールやプロジェクト体制のほか、移行時に起こりうるトラブルとその対処方法についても紹介します。2.<運用編>【 30 分でわかる】 課題ポイントから見る失敗しない Azure 運用とは?(ダイジェスト版) Azure の運用には、従量課金のコスト管理やクラウドに適したセキュリティ対策などオンプレミスとは違った注意点があります。Azure 運用で課題となりがちな 5 つのポイントとそれらを解決に導くフレームワークについて解説します。■ スピーカー日本ビジネスシステムズ株式会社ソリューションスペシャリスト本部 ビジネスアプリケーション&データソリューション部 2 課湧田 莉奈日本ビジネスシステムズ株式会社ソリューションスペシャリスト本部 クラウド&ハイブリッドプラットフォームソリューション部 1 課川守田 真菜<共催パートナー企業への個人情報提供について>日本ビジネスシステムズ株式会社より情報提供を希望し、本件にお申し込みを頂いた場合、 お客様の登録情報を当該企業に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報をお知らせすることです。個人情報の取り扱いにつきましては、日本ビジネスシステムズ株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.jbs.co.jp/privacy

今さら聞けない?! Azure Virtual Desktop / Windows 365をゼロから解説

日付と時間

12/14/2022 | 03:00 - 04:00 (GMT)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要サイバー攻撃の高度化やCOVID-19の流行により、どのような状況にも振り回されない安定した業務環境へのニーズが高まっています。その実現方法としてDaaSをご検討中の方へ向けて、Azure Virtual Desktop とWindows 365について改めてその"基礎"から解説いたします。概要、活用シーン、費用についてはもちろん、それぞれの違いや選定ポイントも解説しますので、各製品の違いを知りたい方もぜひご参加いただければ幸いです。 ★こんな方におすすめ・あらためて、AVDやWindows 365を基礎から知りたい・比較をしながら、DaaSやクラウドPCが自社にマッチしているか判断したい・どのような企業がどのような目的でAVDを導入、活用しているかが知りたい ■ アジェンダ・Azure Virtual Desktop とは?事例を交えてご紹介・Windows 365 とは?基本からおさらい・AVD と Windows 365 のできること できないこと・選定ポイント ■ スピーカー日商エレクトロニクス株式会社エンタープライズ事業本部マイクロソフト事業部 MS推進課鈴木 梨玖 <共催パートナー企業への個人情報提供について>お客さまの登録情報は共催である日商エレクトロニクス株式会社に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報のお知らせです。個人情報の取り扱いにつきましては、日商エレクトロニクス株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.nissho-ele.co.jp/company/csr/csr_privacy.html

環境サステナビリティの取り組みを加速させるソリューション Microsoft Sustainability Manager 概要 <2022年12月アップデート>

日付と時間

2022/12/15 | 12:00 - 13:00 (JST)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要マイクロソフトは、2030 年までにカーボンネガティブを実現し2050 年までに1975 年の創業以来排出したカーボンに相当する量を大気中から取り除くことを目標として、サステナビリティの取り組みを進めています。この自社の取り組みの過程で得た知見を製品・サービスに取り込み、Microsoft Cloud for Sustainabilityとして市場に提供しています。このソリューションの一つとして、温室効果ガスなどの環境データを可視化しレポーティングするソリューション Microsoft Sustainability Manager を 2022年6月より提供しており、お客様のニーズにこたえるべく日々進化を続けています。 本セッションでは 2022 年11月に行われた製品アップデートの内容を反映した最新の製品情報を、デモをまじえてご紹介いたします。 ■ アジェンダ• サステナビリティの課題とトレンド• Microsoft Sustainability Manager の概要と 2022年11月のアップデート• 今後のロードマップ• Q&A * Q & A はチャット形式で行います。* 内容は予告なく変更の可能性があります。あらかじめご了承ください。 ■ スピーカー日本マイクロソフト株式会社Azure ビジネス本部Azure GTM マネージャー兼 サステナビリティ リード窪田 彰子

Windows Server と SQL Server には Azure が最適な理由 ~ マイクロソフトならではのコストメリットのご紹介

日付と時間

12/15/2022 | 06:00 - 07:00 (GMT)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要オンプレミスのサーバのクラウド移行を検討される際に、マイクロソフトでのみ提供できるコスト削減の特典があることをご存じでしょうか。 実はあまり知られていない、しかししっかり検討すると大きなコスト削減が可能となる方法をご紹介いたします。 •    既存のライセンスを使用して節約できる「Azure ハイブリッド特典」•    リソースを事前予約して大幅にコストを削減できる「予約インスタンス」•    サポート終了を迎えるSQL Server、 Windows Server のAzure移行における「セキュリティ更新プログラムの無料提供」 「Azure ハイブリッド特典」は、Windows Server と SQL ServerだけでなくLinux Serverの移行にも適用される!?Windows Server 2008 / 2012、 SQL Server 2008 / 2012 の拡張セキュリティ更新プログラムが無償提供されるのは Azure だけ!? お客様の環境によって「AWS は Azure と比べて最大 5 倍のコストとなる」とされる理由には、このようなコスト削減の方法を取っているからなのです。 本ウェビナーでは、実際のお客様の事例をもとに Azure に移行することでのコストメリットの仕組みを丁寧に解説します。また移行計画を進めるにあたっての強力な支援策やオファリングもご紹介いたします。クラウド移行を迷われている方、検討をされている方、移行計画に役立つ情報をこの機会にぜひお持ち帰りください。 ■ スピーカー1. Microsoft Azure ならではのコストメリットのご紹介 デジタルセールス事業本部 クラウド導入推進本部 Azure Digital Specialist 澤村 昭彦 2. Azure 移行によるビジネス上のメリットとファイナンス上の影響を理解するAzure ビジネス本部 カスタマーソリューションマーケティング部GTM マネージャ 間瀬 千里

約 30% もムダ遣い!?徹底的な最適化で移行から定着へ、クラウドを使い続けるためのポイントとは

日付と時間

12/15/2022 | 07:30 - 08:30 (GMT)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要近年、多くの企業でクラウドシフトが進むなか、コストや様々な制約事項からクラウド移行を諦めかけている企業も少なくありません。本セッションでは、そんな課題を抱える企業にたいして、現行システムでムダを生み出している原因を洗い出し徹底的にムダを排除することで、平均 30% のコスト削減を実現してきた JBCC が、クラウド移行を成功に導くためのノウハウを実際の移行事例も交えてご紹介します。 ■ スピーカーJBCC 株式会社ソリューション事業 PFS 事業部ソリューションアーキテクト 部長長岡 賢陽 <共催パートナー企業への個人情報提供について>JBCC株式会社より情報提供を希望し、本件にお申し込みを頂いた場合、お客様の登録情報を当該企業に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報をお知らせすることです。個人情報の取り扱いにつきましては、JBCC株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.jbcc.co.jp/privacy.html

はじめてのAzure移行、失敗しない移行のポイントとは?~押さえておくべきセキュリティ対策も解説~

日付と時間

12/16/2022 | 03:00 - 03:29 (GMT)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要はじめてクラウド移行を検討されている方に向けて、クラウドのよくある誤解や正しい考え方をご紹介いたします。またAzureとAWSを比較する際のポイントや移行時の落とし穴・重要なポイントについても詳しく解説いたします。近年リモートワークの普及やDXの推進により、さらに重要視されているクラウドセキュリティに関してもAzureで強化する方法をご紹介いたします。 ■ アジェンダ・クラウド移行のよくある誤解と正しい進め方・クラウド移行の4つのステップとポイント・ Azureで実現するセキュリティ対策とは?■ スピーカー日商エレクトロニクス株式会社エンタープライズ事業本部マイクロソフト事業部斉藤 朋子<共催パートナー企業への個人情報提供について>お客さまの登録情報は共催である日商エレクトロニクス株式会社に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報のお知らせです。個人情報の取り扱いにつきましては、日商エレクトロニクス株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.nissho-ele.co.jp/company/csr/csr_privacy.html

初めての Cosmos DB - フルマネージド no-SQL DB -

日付と時間

12/16/2022 | 04:00 - 05:21 (GMT)

Event format デジタル

Event type トレーニング

<ウェビナー概要>RDBとは異なる no SQL DB として Cosmos DB が提供されています。これは従来のRDBと何が違うのか、実際の使いどころはどこなのか等、始めてCosmos DB に触れる方を対象に、その利点、ユースケース・使い方等、コード例をすくめて解説します。 <セッションコンテンツ>・Cosmos DB とは・一般的なユースケース・Cosmos DB と課金・グローバルなデータ分散・データ移行 <ご留意事項>※スライド資料は、イベント終了後の自動配信メールに添付させていただきます。(受講された方のみにお送りいたします)※ウェビナー受講後はアンケート入力にご協力をお願いいたします。※ウェビナー受講後のQ&Aは、下記事務局にて受け付けております。ウェビナー外の内容、業務相談、技術に関する詳細説明のご要望等にはお答えできかねますので、予めご了承ください。 <お問い合せ先>Microsoft AI & Innovation Center 事務局https://www.microsoft.com/ja-jp/maic/contact.aspx 株式会社エッジプラスProgram Engineer岡本 貴浩MAIC@microsoft.comMicrosoft AI & Innovation Center主催セミナー・ウェビナーは、日本マイクロソフトからの業務委託により株式会社エッジプラスが運営しております。株式会社エッジプラス:http://edgeplus.co.jp/ (info@edgeplus.co.jp)

BIPROGY のデータ活用実践事例から紐解く、データ活用の課題 ~ Azure と Power Platform を社内活用する BIPROGY だからできるデータ活用支援~

日付と時間

12/16/2022 | 04:30 - 05:30 (GMT)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要IT やデータの専任組織でなくても、自ら社内外データを可視化・分析・利用をすることが可能です。本ウェビナーでは、BIPROGY 社内で Azure と Power Platform を実際に導入・活用した事例を通し、企業が情報活用に取り組む上での課題とその解決策と、それらの活動を支援する BIPROGY のサービスを紹介します。今回、BIPROGY の社内活用事例としてご紹介する 商品企画部門では、Azure Synapse Analytics、Power BI、Power Platform を活用することで、データ分析専任者に頼ることなく「社内に散在するデータへのアクセス性向上」「安心かつ利便性や分析用途を意識したデータマネジメント」「データ可視化スキルと、それによる成功体験の獲得」といった目標に対し取り組みを進めています。組織がデータ利活用するモデルケースをお探しの方、事業部門のためのデータ活用環境を速やかに整えたい方、これらの要請に対して基盤構築を担う情報システム部門の方が、それぞれ役立てられる内容です。ぜひ、ご参加ください。 ■ アジェンダBIPROGY のデータ活用実践事例とサービス紹介■ スピーカーBIPROGY 株式会社Tech マーケ&デザイン企画部橋岡 智子<共催パートナー企業への個人情報提供について>お客さまの登録情報は共催であるBIPROGY株式会社に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報のお知らせです。個人情報の取り扱いにつきましては、BIPROGY株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.biprogy.com/com/privacy/

BIPROGY がとらえる Azure Arc で延伸するハイブリッドクラウドのかたち

日付と時間

12/16/2022 | 06:00 - 07:00 (GMT)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要Azure Arc を活用することでオンプレミスや他社のパブリッククラウドへの Azure の世界の延伸が現実的なものになっています。これにより、オンプレミスのサーバーや他社のパブリッククラウドの仮想マシンの Azure からの一元管理が実現し運用管理負荷が軽減します。また、オンプレミスで Azure の PaaS が実行できるようになるとデータセキュリティや遅延性を考慮した新たなビジネスを構想することができます。当社では これまで Azure Arc の可能性に注目し技術検証を行ってまいりました。本ウェビナーでは、当社の視点でとらえた Azure ハイブリッド クラウドの全体像ならびに、当社が提供するお客様支援についてご紹介します。既存のオンプレミス資産を保持しながら、パブリッククラウドの活用を拡大したいお客様のご参考となれば幸いです。 ■ アジェンダ 1.ハイブリッドクラウドの課題2.Azure Arc による Azure の延伸3.当社がとらえる Azure ハイブリッドクラウドの全体像4.当社が提供するハイブリッドクラウドお客様支援 ■ スピーカーBIPROGY株式会社田中 樹理 BIPROGY株式会社 担当マネージャー田川 和史 <共催パートナー企業への個人情報提供について>お客さまの登録情報は共催であるBIPROGY株式会社に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報のお知らせです。個人情報の取り扱いにつきましては、BIPROGY株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.biprogy.com/com/privacy/

Windows Server 2012/R2 EOS 期限まであと 10 ヶ月!サポート期間を 3 年延長するお得な方法とそのポイント

日付と時間

2022/12/19 | 09:00 - 09:00 (JST)

Event format デジタル

Event type ブリーフィング

■ 概要 2023年 10 月 10 日に延長サポート終了を迎えるWindows Server 2012/R2 の対応方法について、Microsoft Azure に移行・活用するメリットやその勘所を Windows Server の移行に関する上位認定パートナー資格である Advanced Specialization を取得済みのパーソルプロセス & テクノロジー(株)が解説。期間限定のお得な移行支援キャンペーン情報もお見逃しなく。 ■ アジェンダ・Windows Server 2012/R2 EOSについて・Microsoft Azure に移行するメリット・主な移行方法とその構成・【期間限定】移行支援キャンペーン ■ スピーカー名パーソルプロセス & テクノロジー株式会社システムソリューション事業部 DX ソリューション統括部 DX 推進部マネジャー岩崎 喜寿 <共催パートナー企業への個人情報提供について>後日開催のハンズオンへのご参加または資料送付・詳細説明をご希望の場合は、当登録欄にご記載いただいた情報を共催パートナーであるパーソルプロセス & テクノロジー株式会社に第三者提供させていただきますので、右側申込フォーム下のパートナーへの個人情報提供に希望にチェックをしてください。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報をお知らせすることです。個人情報の取り扱いにつきましては、パーソルプロセス & テクノロジー株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.persol-pt.co.jp/privacy/

Microsoft Azure Virtual Training Day: Azure Synapse による統合分析の提供

日付と時間

12/19/2022 | 04:00 (GMT) - 12/20/2022 | 06:30 (GMT)

Event format デジタル

Event type トレーニング

日付と時間

DEC 12, 2022

02:00 - 03:00 (GMT)

C# と Blazor で始める Single Page Application (SPA)

<セミナー概要>C#で構築できるウェブアプリ環境としてBlazorと言うものがあります。Web Assemblyを使用して、C#でSPA (Single Page Application)を構築できる環境です。 本ウェビナーでは、始めてBlazorに触れる方を対象に、Blazorとは何かという所から、その仕組み、ロギングとエラー処理までを解説いたします。  <セッションコンテンツ>・Blazor の概要 ・クライアントサイド ・サーバーサイド ・ログ出力 ・エラー処理  <ご留意事項>※スライド資料は、イベント終了後の自動配信メールに添付させていただきます。(受講された方のみにお送りいたします)※ウェビナー受講後はアンケート入力にご協力をお願いいたします。※ウェビナー受講後のQ&Aは、下記事務局にて受け付けております。ウェビナー外の内容、業務相談、技術に関する詳細説明のご要望等にはお答えできかねますので、予めご了承ください。 <お問い合せ先>Microsoft AI & Innovation Center 事務局https://www.microsoft.com/ja-jp/maic/contact.aspx 株式会社エッジプラスProgram Engineer岡本 貴浩MAIC@microsoft.comMicrosoft AI & Innovation Center主催セミナー・ウェビナーは、日本マイクロソフトからの業務委託により株式会社エッジプラスが運営しております。株式会社エッジプラス:http://edgeplus.co.jp/ (info@edgeplus.co.jp)

Event format デジタル

alt= トレーニング

Audience : Developers, IT Professionals

日付と時間

DEC 12, 2022

03:00 - 04:00 (GMT)

ビッグデータにおけるデータマネジメントの課題とMicrosoft Azureによる解決策

■ 概要企業内に散在する大量の情報資産をどうやって有効活用するのか。データマネジメントを行う上で、ビッグデータをどのように収集、蓄積するのか、また、どうやってデータ分析をするのかなど、データプラットフォームのアーキテクチャをどのよう設計し構築するのかは、データマネジメントを成功させる為の重要な課題となります。本ウェビナーでは Azure Synapse Analytics、 Microsoft Purview、 Power BI による構築例を交えて、データプラットフォーム導入における課題と課題解決に向けたポイントをご紹介いたします。 ■ スピーカー株式会社システムエグゼAzureDBソリューション部 部長小澤 隆弘 株式会社システムエグゼより情報提供を希望し、本件にお申し込みを頂いた場合、 お客様の登録情報を当該企業に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報をお知らせすることです。個人情報の取り扱いにつきましては、株式会社システムエグゼのプライバシーポリシーに準拠します。https://www.system-exe.co.jp/privacy/

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : IT Professionals, Business Professionals

日付と時間

DEC 12, 2022

06:00 - 07:00 (GMT)

パーソルグループが提供する仕事を可視化する VDI と最新クラウド VDI 情報

■ 概要リモートワーク環境としての利用をはじめとしたクラウドVDI の採用/検討にあたっての背景や要件についてのご紹介、クラウド VDI の最新情報、Azure Virtual Desktop の概要およびアップデート情報をお届けします。VDI 導入・運用時の課題や仕事可視化に関する弊社ソリューションについてもご紹介します。 ■ アジェンダ1. 登壇者会社紹介2. クラウド VDI 導入にあたっての背景・業務要件・課題3. Azure Virtual Desktop 概要4. 関連ソリューションのご紹介■ スピーカーパーソルプロセス&テクノロジー株式会社システムソリューション事業部DXソリューション統括部DXプラットフォーム部マネジャー 反町 悠希<共催パートナー企業への個人情報提供について>後日開催のハンズオンへのご参加または資料送付・詳細説明をご希望の場合は、当登録欄にご記載いただいた情報を共催パートナーであるパーソルプロセス & テクノロジー株式会社に第三者提供させていただきますので、右側申込フォーム下のパートナーへの個人情報提供に希望にチェックをしてください。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報をお知らせすることです。個人情報の取り扱いにつきましては、パーソルプロセス & テクノロジー株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.persol-pt.co.jp/privacy/

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : IT Professionals, Business Professionals

日付と時間

DEC 12, 2022

07:30 - 08:30 (GMT)

国内初事例の BIPROGY が語る「Azure VMware Solution を活用したオンプレシステムのクラウドへの移行ポイント」

■ アジェンダお客様の VMware 環境がメインのオンプレミス環境をクラウドに移行する際のポイントを、AVS 国内初事例から様々なお客様に AVS を適用させていただいた BIPROGY が解説します。 - Azure VMware Solution 概要・オンプレミス環境のクラウドへの適用検討のキホン( AVS と Azure サービス、3rd ベンダソリューションの使い分け)- オンプレミス VMware 環境からの移行の注意点と対策- 上記以外(物理サーバー、ロードバランサー等)の移行の注意点と対策- Azure VMware Solution 運用の実態 オンプレミス VMware 環境の難易度の高い運用管理から解放され、VMware のみならず Azure のメリットも十分に享受できる Azure VMware Solution の導入検討におけるご参考にしていただければ幸いです。 ■ スピーカーBIPROGY サポートサービス本部クラウドサービス部 基盤技術室和田 範雄 <共催パートナー企業への個人情報提供について>お客さまの登録情報は共催であるBIPROGY株式会社に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報のお知らせです。個人情報の取り扱いにつきましては、BIPROGY株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.biprogy.com/com/privacy/

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : IT Professionals, Business Professionals

日付と時間

DEC 13, 2022

03:00 - 04:00 (GMT)

【2022年12月版】 SQL Server の達人になる!第2回 Azure SQL Database 概要 編

■ 概要Azure で利用可能な SQL Database は日々進化しており、現在、Azure で利用可能な SQL Server ベースの PaaS のサービスは複数の利用形態があります。 本 Webinar では、最新のアップデート情報を交え、Azure SQL Database の利用形態と最新情報を整理しながら解説いたします。 ■ スピーカーMicrosoft MVP for Data Platform 小澤 真之

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : IT Professionals

日付と時間

DEC 13, 2022

06:00 - 07:00 (GMT)

失敗しないクラウド移行をわかりやすく解説! Azure Migration セミナー

■ 概要DX を推進するための基盤として、いまやクラウドの活用は避けては通れない時代になっています。しかし、オンプレミスをメインで運用してきた企業にとって、クラウドへの移行は課題が多いのも現実です。クラウド移行の際に、どのようなセキュリティ対策が必要なのか、社内でクラウドの知識を持つ人材をどのように育成したらよいかなど、検討事項が山積みで移行が思うように進まないという悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。このセミナーでは、クラウドへの移行先として Microsoft Azure を検討中の方を対象に、クラウド移行に失敗しないためのポイントを「移行編」、「運用編」に分けてわかりやすく解説します。 ■アジェンダ1.<移行編>【 30 分でわかる】 事例から学ぶ 失敗しない Azure 導入とは?(ダイジェスト版) Azure 導入で失敗しないためのフレームワークを解説するとともに、JBS が Azure 移行を支援した事例の中から、実際の移行スケジュールやプロジェクト体制のほか、移行時に起こりうるトラブルとその対処方法についても紹介します。2.<運用編>【 30 分でわかる】 課題ポイントから見る失敗しない Azure 運用とは?(ダイジェスト版) Azure の運用には、従量課金のコスト管理やクラウドに適したセキュリティ対策などオンプレミスとは違った注意点があります。Azure 運用で課題となりがちな 5 つのポイントとそれらを解決に導くフレームワークについて解説します。■ スピーカー日本ビジネスシステムズ株式会社ソリューションスペシャリスト本部 ビジネスアプリケーション&データソリューション部 2 課湧田 莉奈日本ビジネスシステムズ株式会社ソリューションスペシャリスト本部 クラウド&ハイブリッドプラットフォームソリューション部 1 課川守田 真菜<共催パートナー企業への個人情報提供について>日本ビジネスシステムズ株式会社より情報提供を希望し、本件にお申し込みを頂いた場合、 お客様の登録情報を当該企業に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報をお知らせすることです。個人情報の取り扱いにつきましては、日本ビジネスシステムズ株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.jbs.co.jp/privacy

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : IT Professionals, Business Professionals

日付と時間

DEC 14, 2022

03:00 - 04:00 (GMT)

今さら聞けない?! Azure Virtual Desktop / Windows 365をゼロから解説

■ 概要サイバー攻撃の高度化やCOVID-19の流行により、どのような状況にも振り回されない安定した業務環境へのニーズが高まっています。その実現方法としてDaaSをご検討中の方へ向けて、Azure Virtual Desktop とWindows 365について改めてその"基礎"から解説いたします。概要、活用シーン、費用についてはもちろん、それぞれの違いや選定ポイントも解説しますので、各製品の違いを知りたい方もぜひご参加いただければ幸いです。 ★こんな方におすすめ・あらためて、AVDやWindows 365を基礎から知りたい・比較をしながら、DaaSやクラウドPCが自社にマッチしているか判断したい・どのような企業がどのような目的でAVDを導入、活用しているかが知りたい ■ アジェンダ・Azure Virtual Desktop とは?事例を交えてご紹介・Windows 365 とは?基本からおさらい・AVD と Windows 365 のできること できないこと・選定ポイント ■ スピーカー日商エレクトロニクス株式会社エンタープライズ事業本部マイクロソフト事業部 MS推進課鈴木 梨玖 <共催パートナー企業への個人情報提供について>お客さまの登録情報は共催である日商エレクトロニクス株式会社に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報のお知らせです。個人情報の取り扱いにつきましては、日商エレクトロニクス株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.nissho-ele.co.jp/company/csr/csr_privacy.html

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : IT Professionals, Business Professionals

日付と時間

2022 DEC 15

12:00 - 13:00 (JST)

環境サステナビリティの取り組みを加速させるソリューション Microsoft Sustainability Manager 概要 <2022年12月アップデート>

■ 概要マイクロソフトは、2030 年までにカーボンネガティブを実現し2050 年までに1975 年の創業以来排出したカーボンに相当する量を大気中から取り除くことを目標として、サステナビリティの取り組みを進めています。この自社の取り組みの過程で得た知見を製品・サービスに取り込み、Microsoft Cloud for Sustainabilityとして市場に提供しています。このソリューションの一つとして、温室効果ガスなどの環境データを可視化しレポーティングするソリューション Microsoft Sustainability Manager を 2022年6月より提供しており、お客様のニーズにこたえるべく日々進化を続けています。 本セッションでは 2022 年11月に行われた製品アップデートの内容を反映した最新の製品情報を、デモをまじえてご紹介いたします。 ■ アジェンダ• サステナビリティの課題とトレンド• Microsoft Sustainability Manager の概要と 2022年11月のアップデート• 今後のロードマップ• Q&A * Q & A はチャット形式で行います。* 内容は予告なく変更の可能性があります。あらかじめご了承ください。 ■ スピーカー日本マイクロソフト株式会社Azure ビジネス本部Azure GTM マネージャー兼 サステナビリティ リード窪田 彰子

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : Business Professionals, IT Professionals

日付と時間

DEC 15, 2022

06:00 - 07:00 (GMT)

Windows Server と SQL Server には Azure が最適な理由 ~ マイクロソフトならではのコストメリットのご紹介

■ 概要オンプレミスのサーバのクラウド移行を検討される際に、マイクロソフトでのみ提供できるコスト削減の特典があることをご存じでしょうか。 実はあまり知られていない、しかししっかり検討すると大きなコスト削減が可能となる方法をご紹介いたします。 •    既存のライセンスを使用して節約できる「Azure ハイブリッド特典」•    リソースを事前予約して大幅にコストを削減できる「予約インスタンス」•    サポート終了を迎えるSQL Server、 Windows Server のAzure移行における「セキュリティ更新プログラムの無料提供」 「Azure ハイブリッド特典」は、Windows Server と SQL ServerだけでなくLinux Serverの移行にも適用される!?Windows Server 2008 / 2012、 SQL Server 2008 / 2012 の拡張セキュリティ更新プログラムが無償提供されるのは Azure だけ!? お客様の環境によって「AWS は Azure と比べて最大 5 倍のコストとなる」とされる理由には、このようなコスト削減の方法を取っているからなのです。 本ウェビナーでは、実際のお客様の事例をもとに Azure に移行することでのコストメリットの仕組みを丁寧に解説します。また移行計画を進めるにあたっての強力な支援策やオファリングもご紹介いたします。クラウド移行を迷われている方、検討をされている方、移行計画に役立つ情報をこの機会にぜひお持ち帰りください。 ■ スピーカー1. Microsoft Azure ならではのコストメリットのご紹介 デジタルセールス事業本部 クラウド導入推進本部 Azure Digital Specialist 澤村 昭彦 2. Azure 移行によるビジネス上のメリットとファイナンス上の影響を理解するAzure ビジネス本部 カスタマーソリューションマーケティング部GTM マネージャ 間瀬 千里

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : Business Professionals, IT Professionals

日付と時間

DEC 15, 2022

07:30 - 08:30 (GMT)

約 30% もムダ遣い!?徹底的な最適化で移行から定着へ、クラウドを使い続けるためのポイントとは

■ 概要近年、多くの企業でクラウドシフトが進むなか、コストや様々な制約事項からクラウド移行を諦めかけている企業も少なくありません。本セッションでは、そんな課題を抱える企業にたいして、現行システムでムダを生み出している原因を洗い出し徹底的にムダを排除することで、平均 30% のコスト削減を実現してきた JBCC が、クラウド移行を成功に導くためのノウハウを実際の移行事例も交えてご紹介します。 ■ スピーカーJBCC 株式会社ソリューション事業 PFS 事業部ソリューションアーキテクト 部長長岡 賢陽 <共催パートナー企業への個人情報提供について>JBCC株式会社より情報提供を希望し、本件にお申し込みを頂いた場合、お客様の登録情報を当該企業に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報をお知らせすることです。個人情報の取り扱いにつきましては、JBCC株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.jbcc.co.jp/privacy.html

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : Business Professionals, IT Professionals

日付と時間

DEC 16, 2022

03:00 - 03:29 (GMT)

はじめてのAzure移行、失敗しない移行のポイントとは?~押さえておくべきセキュリティ対策も解説~

■ 概要はじめてクラウド移行を検討されている方に向けて、クラウドのよくある誤解や正しい考え方をご紹介いたします。またAzureとAWSを比較する際のポイントや移行時の落とし穴・重要なポイントについても詳しく解説いたします。近年リモートワークの普及やDXの推進により、さらに重要視されているクラウドセキュリティに関してもAzureで強化する方法をご紹介いたします。 ■ アジェンダ・クラウド移行のよくある誤解と正しい進め方・クラウド移行の4つのステップとポイント・ Azureで実現するセキュリティ対策とは?■ スピーカー日商エレクトロニクス株式会社エンタープライズ事業本部マイクロソフト事業部斉藤 朋子<共催パートナー企業への個人情報提供について>お客さまの登録情報は共催である日商エレクトロニクス株式会社に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報のお知らせです。個人情報の取り扱いにつきましては、日商エレクトロニクス株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.nissho-ele.co.jp/company/csr/csr_privacy.html

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : Business Professionals, IT Professionals

日付と時間

DEC 16, 2022

04:00 - 05:21 (GMT)

初めての Cosmos DB - フルマネージド no-SQL DB -

<ウェビナー概要>RDBとは異なる no SQL DB として Cosmos DB が提供されています。これは従来のRDBと何が違うのか、実際の使いどころはどこなのか等、始めてCosmos DB に触れる方を対象に、その利点、ユースケース・使い方等、コード例をすくめて解説します。 <セッションコンテンツ>・Cosmos DB とは・一般的なユースケース・Cosmos DB と課金・グローバルなデータ分散・データ移行 <ご留意事項>※スライド資料は、イベント終了後の自動配信メールに添付させていただきます。(受講された方のみにお送りいたします)※ウェビナー受講後はアンケート入力にご協力をお願いいたします。※ウェビナー受講後のQ&Aは、下記事務局にて受け付けております。ウェビナー外の内容、業務相談、技術に関する詳細説明のご要望等にはお答えできかねますので、予めご了承ください。 <お問い合せ先>Microsoft AI & Innovation Center 事務局https://www.microsoft.com/ja-jp/maic/contact.aspx 株式会社エッジプラスProgram Engineer岡本 貴浩MAIC@microsoft.comMicrosoft AI & Innovation Center主催セミナー・ウェビナーは、日本マイクロソフトからの業務委託により株式会社エッジプラスが運営しております。株式会社エッジプラス:http://edgeplus.co.jp/ (info@edgeplus.co.jp)

Event format デジタル

alt= トレーニング

Audience : Developers, IT Professionals

日付と時間

DEC 16, 2022

04:30 - 05:30 (GMT)

BIPROGY のデータ活用実践事例から紐解く、データ活用の課題 ~ Azure と Power Platform を社内活用する BIPROGY だからできるデータ活用支援~

■ 概要IT やデータの専任組織でなくても、自ら社内外データを可視化・分析・利用をすることが可能です。本ウェビナーでは、BIPROGY 社内で Azure と Power Platform を実際に導入・活用した事例を通し、企業が情報活用に取り組む上での課題とその解決策と、それらの活動を支援する BIPROGY のサービスを紹介します。今回、BIPROGY の社内活用事例としてご紹介する 商品企画部門では、Azure Synapse Analytics、Power BI、Power Platform を活用することで、データ分析専任者に頼ることなく「社内に散在するデータへのアクセス性向上」「安心かつ利便性や分析用途を意識したデータマネジメント」「データ可視化スキルと、それによる成功体験の獲得」といった目標に対し取り組みを進めています。組織がデータ利活用するモデルケースをお探しの方、事業部門のためのデータ活用環境を速やかに整えたい方、これらの要請に対して基盤構築を担う情報システム部門の方が、それぞれ役立てられる内容です。ぜひ、ご参加ください。 ■ アジェンダBIPROGY のデータ活用実践事例とサービス紹介■ スピーカーBIPROGY 株式会社Tech マーケ&デザイン企画部橋岡 智子<共催パートナー企業への個人情報提供について>お客さまの登録情報は共催であるBIPROGY株式会社に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報のお知らせです。個人情報の取り扱いにつきましては、BIPROGY株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.biprogy.com/com/privacy/

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : IT Professionals, Business Professionals

日付と時間

DEC 16, 2022

06:00 - 07:00 (GMT)

BIPROGY がとらえる Azure Arc で延伸するハイブリッドクラウドのかたち

■ 概要Azure Arc を活用することでオンプレミスや他社のパブリッククラウドへの Azure の世界の延伸が現実的なものになっています。これにより、オンプレミスのサーバーや他社のパブリッククラウドの仮想マシンの Azure からの一元管理が実現し運用管理負荷が軽減します。また、オンプレミスで Azure の PaaS が実行できるようになるとデータセキュリティや遅延性を考慮した新たなビジネスを構想することができます。当社では これまで Azure Arc の可能性に注目し技術検証を行ってまいりました。本ウェビナーでは、当社の視点でとらえた Azure ハイブリッド クラウドの全体像ならびに、当社が提供するお客様支援についてご紹介します。既存のオンプレミス資産を保持しながら、パブリッククラウドの活用を拡大したいお客様のご参考となれば幸いです。 ■ アジェンダ 1.ハイブリッドクラウドの課題2.Azure Arc による Azure の延伸3.当社がとらえる Azure ハイブリッドクラウドの全体像4.当社が提供するハイブリッドクラウドお客様支援 ■ スピーカーBIPROGY株式会社田中 樹理 BIPROGY株式会社 担当マネージャー田川 和史 <共催パートナー企業への個人情報提供について>お客さまの登録情報は共催であるBIPROGY株式会社に第三者提供させていただきます。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報のお知らせです。個人情報の取り扱いにつきましては、BIPROGY株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.biprogy.com/com/privacy/

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : IT Professionals, Business Professionals

日付と時間

2022 DEC 19

09:00 - 09:00 (JST)

Windows Server 2012/R2 EOS 期限まであと 10 ヶ月!サポート期間を 3 年延長するお得な方法とそのポイント

■ 概要 2023年 10 月 10 日に延長サポート終了を迎えるWindows Server 2012/R2 の対応方法について、Microsoft Azure に移行・活用するメリットやその勘所を Windows Server の移行に関する上位認定パートナー資格である Advanced Specialization を取得済みのパーソルプロセス & テクノロジー(株)が解説。期間限定のお得な移行支援キャンペーン情報もお見逃しなく。 ■ アジェンダ・Windows Server 2012/R2 EOSについて・Microsoft Azure に移行するメリット・主な移行方法とその構成・【期間限定】移行支援キャンペーン ■ スピーカー名パーソルプロセス & テクノロジー株式会社システムソリューション事業部 DX ソリューション統括部 DX 推進部マネジャー岩崎 喜寿 <共催パートナー企業への個人情報提供について>後日開催のハンズオンへのご参加または資料送付・詳細説明をご希望の場合は、当登録欄にご記載いただいた情報を共催パートナーであるパーソルプロセス & テクノロジー株式会社に第三者提供させていただきますので、右側申込フォーム下のパートナーへの個人情報提供に希望にチェックをしてください。利用目的は当該企業の製品・サービスに関する情報またはマーケティング活動に関する情報をお知らせすることです。個人情報の取り扱いにつきましては、パーソルプロセス & テクノロジー株式会社のプライバシーポリシーに準拠します。https://www.persol-pt.co.jp/privacy/

Event format デジタル

alt= ブリーフィング

Audience : Business Professionals, IT Professionals

日付と時間

DEC 19-20, 2022

04:00 - 06:30 (GMT)

Microsoft Azure Virtual Training Day: Azure Synapse による統合分析の提供

Event format デジタル

alt= トレーニング

Audience : Developers

EventsCatalog-Azure